ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
横浜・川崎・東京の お庭づくりはグリーンケアへ * ガーデンデザイン、外構エクステリア、お庭のお手入れまで、トータルに承ります!
ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
ご相談は無料です ご相談フォーム

バラのお手入れ・
ローズガーデン設計&施工

バラのお悩みおまかせ下さい!!

美しい花姿、芳醇な香り、咲き進む様々な花色と表情の変化、、。数々の魅力にあふれるバラは、季節ごとにお手入れを重ねることで、いっそう美しい姿を見せ、私たちに喜びや癒しを与えてくれます。

ご提案はこのメンバーで行います

サービスチーフを中心に、バラとガーデンの
経験豊富なスタッフがお伺い致します。

ご依頼事例をご紹介します

ローズガーデン設計施工

心安らぐローズガーデンへ。
お庭をトータルリフォーム 横浜市都筑区 M様のお庭

施工・植栽前
施工・植栽直後

ご新居のお庭のトータルデザインをご依頼頂きました。以前のお庭でもバラを育てていらっしゃったM様は、新しいお住まいでもバラを楽しめるお庭をご希望でした。そこで、ご提案させて頂いたのは、芝生を中心としたローズガーデンです。タイルのテラスとアーチ型の園路が、お庭をすっきりと落ち着いた風景に整え、植物が生き生きと成長するお庭になりました。

お庭を囲む植栽スペースには、4種類のバラとシルバー&パープル系のペレニアル植物を配し、リビング前の一角には、家庭菜園とハーブのコーナーも設けました。竣工から約1年が経過し、現地にお伺いするとバラとペレニアル植物がぐんと成長し、華やかなガーデンに成長していました。

植栽計画

これまでブルー系のバラを多く育てていらっしゃったM様ですが、育てるのが難しいと感じることがあったそうです。そこで今回は、比較的育てやすい「グラハム・トーマス」「ピエール・ド・ロンサール」などをお選びしご提案させて頂きました。ラベンダーのパープルとセネシオのシルバーリーフがいきいきとした色の対比を創り出しています。

目隠しフェンス

施工・植栽前

外からの視線をカットするために、既存のコンクリート壁の上にフェンスを追加設置しました。木目調の白い樹脂ウッドフェンスで、お庭の明るいワンポイントになり、バラを誘引していく楽しみも加わりました。

メンテナンスへの配慮

花壇の中には、植物のお手入れのためのステッピングストーンをおしゃれに配置しました。

お手入れに欠かせない立水栓

リビング窓の横に立水栓を設けました。蛇口が2口あるので、ホースを接続しておくことができます。

必要な時に使える洗濯物干し

夏は菜園の誘引ネットの支柱に

M様は、お庭の景観をよくするために、普段はお洗濯物を北側のスペースで干されていますが、乾きが遅くなる冬の間は日当たりの良いお庭を利用されます。そのため、洗濯物干し用の柱をお庭に3本設置致しました。シルバー色の柱はガーデンの風景に溶け込み目立ちませんが、必要な時にはロープを張ってご利用頂ける設計です。ハンギングバスケットなどを掛けて楽しんで頂くこともできます。この柱を使って、夏の間は菜園の野菜を育てるためのネットを張っていらっしゃるそうです。今年も早速キュウリとトマトの苗がつるを伸ばし始めていました。

まとめ

お庭の施工後から、奥様とご主人様が大切にお手入れをされてこられ、冬には、私どももバラの誘引剪定作業などをお手伝いさせて頂きました。1年かけて元気に成長したお庭を拝見し、思わず笑顔がこぼれる素敵な時間を過ごさせて頂きました。(担当:徳田・永瀬)

ローズガーデン設計施工

バラを思いきり楽しむお庭(東京都 M様のお庭)

施工前
施工直後

もともとお庭づくりがお好きだったM様。スロープと手すりの設置についてご相談を頂き、お打合せを進める中で、今のお庭をより素敵に楽しんで頂けるアーチや園路など、お庭全体についてもご提案させて頂きました。

スロープと手すりでお足元を安全に

お父様のために、玄関から駐車場へ安全なお足元を確保できるスロープと手すりを設置しました。お客様が育てていらっしゃったバラを新たに設置したアイアン調のアーチに誘引し、心躍るお庭への入り口になりました。

玄関を彩るアーチ

ゆるやかにカーブした大型のアーチが門からのお客様を迎え、また両サイドに広がるお庭をまとめて一体感を創出しています。これからバラがアーチ全体を覆い、より華やかな風景に成長していくのも楽しみです。

ガーデン

施工前

お庭には、レンガの園路と自然石の小さなテラスを設けました。歩きやすくなり、雑草などのお手入れ負担も軽減されました。通り側に植わっていたコニファーは、バラを楽しめる場所にするために伐採し、つるバラをのびのびと誘引しました。

外構

施工前

既存の塗り壁の門袖に、つるバラが華やかに咲き乱れ、遠くからも目に留まる外構になりました。通りすがりの方に声をかけられ、思わずお花の話が弾むことも増えたそうです。

「冬に剪定をしてもらったせいか、今年はバラがよく咲いています。室内からも眺めてとても楽しんで います」とお客様が笑顔で話して下さいました。これからのお庭の変化がますます楽しみです。大切なお庭に関わらせて頂きありがとうございました。(担当:徳田、坂本、石川)

ローズメンテナンス

手におえなくなったバラを、
プロの手でリフレッシュ(東京都世田谷区 S様のお庭)

 
施工前
施工・誘引直後

バラの株が大きく成長し、ご自身で誘引していた支柱やオベリスクではおさまらなくなってきたため、新たにアーチの設置と、冬の剪定および誘引作業をご依頼頂きました。「バラが大好きなのですが、剪定のしかたがわからなくて、つい伸び放題にしてしまいます。」とS様。 混み合っていた細い枝は、花を少なく小さくしてしまう原因ですのですっきりと剪定し、シュートも選んで切り戻して株をリフレッシュする作業をさせて頂きました。 お悩みだった駐車場へのアプローチも整理され、安全でスッキリとしたエントランスになりました。

花をより楽しめるように誘引

 
施工前
施工・誘引直後

リビング前のバラは背が高くなり、木の上の方にばかり花がつく樹形になっていました。そこで、アーチのバラと同様、細枝とシュートを整理して株をリフレッシュさせたうえで、たくさんのお花がつくようにシュートを横方向に誘引しました。リビングからも楽しんで頂ける高さに沢山のバラが咲きました。

「今度はガーデナーの方の作業を見て、剪定の方法をもっと知りたい!」とますますご興味を持って下さっています。 これからのお庭の成長がますます楽しみです。(担当:徳田、佐藤)

ローズガーデン設計施工

ローズガーデンのある芝生のお庭(川崎市宮前区 I様のお庭)

施工前
施工直後

芝生のお手入れが大変なことからお庭全体のリフォームのご相談を頂きました。メンテナンスのご負担を軽くするために、丸い園路の中だけを芝生エリアとして整備し、お庭で過ごす時間を楽しんで頂けるように、お庭の手前と奥にテラスのあるプランをご提案させて頂きました。

成長するお庭 ~ローズガーデン~

サークルテラスの周りをバラの花壇にしました。最初は「バラを育てるのは初めて」とのI様でしたが、実際に植えてみて、その可憐な姿を気に入って下さり、今ではご自身でもお好みの苗を増やして楽しんでいらっしゃいます。冬にローズメンテナンスをご用命頂いた際には、I様とご一緒にバラの様子を一株ずつ拝見しながら、お手入れの方法もご案内させて頂きました。

アーチとローズフェンス

お庭の奥へ続く道にはバラのアーチを設けました。アーチの傍らには、つるバラのためにローズフェンスも設置しましたので、バラが華やかに咲き連なる姿を楽しんで頂くことができます。

施工直後

園路を彩る、オベリスクのバラ

施工直後

園路にそって立体的にバラを楽しんで頂けるように、オベリスクを配しました。特に旺盛に成長していたピンクのバラには一回り大きめのアーチ型のオベリスクを設置致しました。 ローズガーデンの入り口にあたる場所を一段と華やかにしています。

お庭を望むテラス

室内からの出入りがしやすく過ごしやすい場所をお選びして、乱形石のテラスを作りました。建物の影が程よく得られるので暑すぎず、また、お庭を眺める時には太陽を背にして座るのでまぶしさも軽減される立地を活かしています。

目隠しフェンスと、ガーデニングスペース

施工前
施工直後

古い竹垣が老朽化していたため、樹脂ウッドのフェンスにリフォームしました。 周囲は、ツツジの刈込がある和風の空間でしたが、整地し、ステッピングストーンを設けて中心に「ゲンペイシダレモモ」を植えました。年々緑のある空間に成長しています。

まとめ

最初にご相談を頂いてから、3年が経とうとしています。 お客様が楽しみながら手を掛けて下さっており、お手入れや追加の工事をご依頼いただきながら、お庭作りをお手伝いさせて頂いています。これからの成長もとても楽しみです。  (担当:徳田、河越、青木、鈴木)

ローズガーデン設計施工

人にも植物にも心地良い、
テラスのお庭(東京都杉並区 S様のお庭)

施工・植栽前
施工・植栽直後

既存の木製フェンスが傷んできたことをきっかけに、お庭の全体的なリフォームをご依頼頂きました。「何を植えても うまくいかない場所」とのお悩みについても解決し、人にも植物にも心地よいお庭を設計させて頂きました。

植生環境を見直す

施工・植栽前

植物が育ちにくかった原因のひとつに通気の問題がありました。茂った庭木と既存の木製フェンスがお庭の風通しを 遮っていたのです。そこで庭木は剪定し、必要に応じて移植も行いすっきりと整理しました。また、既存の木製フェンスは、痛みが進んでいたので、この期にアイアン調のものに変更し、植生環境が大きく改善されました。

植栽計画

生垣の足元は、通気に加えて湿気がたまりやすく植物を育てるには特に難しい環境でした。花壇を少しだけ立ち上げて排水性をコントロールし、程よい植生環境を整えました。今は植物たちが生き生きと茂ってくれる場所になり、お客様も大変喜んで下さいました。

フェンスのリフォーム

施工前
施工直後

痛んでいた既存の木製フェンスから、つるバラを丁寧にほどき、新しいアイアン調のフェンスに仕立て直しました。人通りの少ない閑静な立地条件をふまえて「通気の確保」と「程よい目隠し」という2つの要素をバランス良く適えたデザインです。 誘引し直したつるバラが健康的に育ち、緑を楽しめる場所も増えました。道路から見える塀部分には、建物と調和するレンガ調の化粧タイルを施し、より一体感のある外観となりました。

まとめ

「毎日お庭で植物に触れていると、楽しくて時間を忘れてしまいます」 とS様。テラスは南向きで、晴れた日は日差しがたっぷり差込み明るく、一角には既存のハナミズキがさわやかな木洩れ日を作っていました。素敵なガーデンのプランに加えて頂き、またローズィなひとときを共有させて下さりありがとうございました。 (担当:徳田、坂本)

ローズガーデン設計施工

バラとペレニアルのガーデンを、
フェンスでリフォーム(横浜市青葉区 S様のお庭)

施工・植栽前

これまでご自身で大切にお庭づくりをされてきたS様。よりバラを楽しむために生垣をフェンスにリフォームしたいとのご相談を頂きました。プランにあたっては、育てていらっしゃったバラや植物についてもお話しを伺い、必要に応じてお庭の適所に移すなどのご提案もさせて頂きました。

目隠しフェンス

プライバシーを守りながらも風と光を通す、足元を空けたフェンスの設計をご提案させて頂きました。風景に明るさを添える白い樹脂製のウッド調フェンスです。これまでは生垣で陽が遮られて暗くなりがちだった場所が、すっきりと軽やかな風景に変わりました。フェンスの足元には日が入り、花壇として楽しめるようになりました。

ペレニアル花壇

東南の一角は、お庭の骨格として半円形の花壇を設け、土壌改良も行いました。芝生との境がはっきりしたことで管理がしやすくなり、植物達がより元気に根を伸ばせるようにもなりました。

お客様が丁寧にお選びになったペレニアル植物たちが、木洩れ日の花壇に心地よくおさまり生き生きと輝いています。

施工・植栽前

ローズフェンス

施工・植栽前

東側のお庭については「窓からの風景を整えたい」とのご要望を受け、窓の高さまで届くローズフェンスを特注でご用意させて頂きました。大きなアーチ型のローズフェンスは、冬の間も素敵な風景を作ってくれます。ピンク色のバラ‘ピエール・ド・ロンサール’が建物の明るいベージュに映え、さらに素敵な外観になりました。

ローズフェンスの周りにも、お客様がコーディネートされたペレニアル植物がかわいらしく育っています。

まとめ

様々な植物が育つS様のお庭。ご自身で植物を選ぶ際には、環境にあった植物を考えながら紙に植栽プランを書き出すこともあるそうです。「それでも上手くいかないことはたくさんあって。そんな時は、他の植物に変えたり、移動したりと試行錯誤しているんですよ」と楽しそうにお話しして下さいました。S様の植物達へのお心遣いと優しさを感じるお庭が印象的でした。(担当:徳田、永瀬)

ローズメンテナンス

お気に入りのバラたちとペレニアルが
豊かに彩るガーデン横浜市青葉区 O様のお庭

剪定直後
剪定前
剪定直後

O様邸には、奥様が少しずつ集められたお気に入りのバラ約25株があり、これまでご自身でお手入れをされていらっしゃいました。元気に成長し広がったバラ達の今後のお手入れをどうしたら良いか、冬の剪定の際にご相談を頂きました。一株ずつ丁寧に拝見し、さらに元気に成長を続けられるように冬の剪定と鉢の土替えを実施しました。冬の剪定作業から約半年がたち、バラの季節にO様邸を訪問させて頂きましたのでその様子をご紹介させて頂きます。

エントランスと玄関ポーチ

門を入ると、ちょうどアプリコットピンクのバラ‘アプリコット・キャンディ’が瑞々しく咲き始めていました。このバラは、冬の剪定時には小枝が込み合った状態でしたので、新しく元気な枝が出るように慎重に強めの剪定をしたものです。しっかりと新しい枝を広げ、つぼみもたくさんつけていました。

階段を上がった玄関ポーチにも、素敵に咲き出したバラの鉢が並んでいます。「この紫色のバラは香りがとてもいいんですよ。こちらの白いバラは、散り方が潔くてたくさんの花びらをドサッと落とします」とひとつひとつ愛おしそうに教えて下さる奥様。バラへの深い愛情を感じて、私までワクワクしました。

風に強い植栽プラン

植栽直後

 

南東角の既存花壇は、お客様が何を植えてもうまく育たないお悩みの場所でした。花を植えてもいつのまにか土が減り根っこが見えてきてしまうという状態が長らく続いていたそうです。その原因の1つには、風通しの強い立地がありました。通路を吹き抜ける風が土を吹き飛ばしてしまうのです。そこで、まず土にあえてレギュレーションをつけ風を和らげ、風に強い宿根草などを組み合わせ植生にも合致した植栽プランをご提案いたしました。植栽から1年が経過し、計画通りふっくらと膨らんで素敵に成長した植物たちが明るく涼しげなサイトを作り出してくれていました。

2階の窓からも楽しめるアーチ

植栽直後

アーチをくぐって、さらに奥のテラスガーデンに向かいます。上に向かって咲くつるバラ‘アイスバーク’は2階の窓からも素敵な表情を見せてくれるそうです。うつむき加減に咲くピンクのバラ‘ピエール・ド・ロンサール’との組み合わせが可愛らしいアーチです。

プランターで作るローズガーデン

施工前
植栽直後

リビングに面したタイルテラスでは、プランターでたくさんのバラや草花を楽しまれています。壁面には、通気性の良い誘引用のフェンスを設置しました。つるバラやクレマチスが芽を伸ばし、これからの成長が楽しみです。

剪定前
剪定直後

「花たちが少しずつ咲きそろい、色とりどりに競演しています」という素敵なお知らせをお客様から頂き、1年ぶりにお庭を訪ねました。園路や花壇といった、いわばお庭のベースに、お客様が集めた植物達が元気に成長し、素敵なガーデンになっていました。嬉しい時間を共有して頂き、本当にありがとうございました。(担当:徳田、青木)

ローズメンテナンス

古い枝を剪定し、花の数が増えました
横浜市青葉区 K様のお庭

角地に立地するK様宅は、遠目にもバラのフェンスが華やかに目をひきます。毎年お手入れをご依頼いただいています。今年もたくさんの花をつけてくれました。

最初のご相談は、つるバラを植えてから数年たち、ご自身で手に負えなくなってしまったことがきっかけでした。また、株の勢いは良いのに、お花のつきだけ年々少なくなっていることにもお悩みでした。そこで、古い枝と、若くても細い小枝を取り去り、新しく力強いシュートが出てくるようにしました。

剪定前

剪定後

古い(茶色い)枝が減って、新しい(緑色の)新梢が力強く吹いているのが伝わるでしょうか。いつもご依頼ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。(担当:青木)

ローズメンテナンス

つるバラのある外構
川崎市麻生区 A様

長年、庭木とバラのお手入れをご依頼頂いています。

A様邸では、外構の一角が私道の階段に面しており、その高低差を活かしてつるバラを誘引しています。新緑のまぶしい5月に、お手入れ後のお庭の様子を見にお伺いさせて頂きましたのでご紹介いたします。

ピンクのつるバラ‘アンジェラ‘は、樹勢が強く成長も旺盛なため、私道に枝が飛び出してしまわないように、冬の剪定時には大きさをおさえるようにしています。また、長く伸びた古枝を更新するために、剪定のたびに、少しずつ形の良い新たな枝を育てています。

バラの他にも、様々な種類の庭木や低木があり、1年を通して季節を感じることができます。これから遅咲きのバラ達が開花を迎え、梅雨時にはアジサイやナツツバキがさわやかな花を見せてくれます。そしてコニファーの寒さに負けない緑が引き立つ冬を経て、早春にはマグノリアと沈丁花が春の訪れを感じさせてくれます。植物達がバランス良く伸び伸びと成長できるように気を付けてお手入れをさせて頂いています。 (担当:青木)

ローズメンテナンス

花が咲きそろう、バラのメンテナンス 
T様邸

長年バラを育てていらっしゃるT様。アイアンに誘引したつるバラの枝が混み合ってきていましたので、お手入れのアドバイスをさせて頂きました。つぼみが枝全体に等間隔につきまるでパレードのようです。素敵な花をたくさんみせてくれました。(担当:徳田)

ローズガーデン設計施工

レンガと芝生でローズガーデンを
素敵にリフォーム 
横浜市青葉区 I様

リフォーム前

バラをご自身で大切に育てられているI様。バラも大きくなり、手入れの場所も土のままで、全体をどうしたら良いかご相談を頂きました。

植栽脇は、どうしても単なる通路となってしまい、雑然とした様子に手をやかれる方も多いのではないでしょうか。今回、大切になさっていらした立派なバラ達が活かされ、ご希望の芝も組み入れ、ご家族さまの空間の安全と 魅力がアップするように、工夫をしました。(担当:徳田、永瀬)

ローズガーデン設計施工

バラと宿根草を楽しめる花壇 
東京都小金井市 S様

リフォーム前

2世帯でお住まいの日常を支える4台分のサイクルポートと、草花溢れるローズガーデンとのナチュラルで安全な融合を目指しました。

懸案だったブロック壁は、ワイヤーを渡してバラをアレンジ!広々として、バラも気持ち良さそうです。

バラの香り漂うガーデンには、お母様が丹精されたランの鉢もいっぱい飾られて、生きものたちが1つ1つ大切にされている、明るくて楽しいガーデンが育っていました。(担当:徳田、平山)

ローズガーデン設計施工

長く育てていらしたバラを活かして
お庭をバラで溢れるガーデンに!
東京都目黒区 U様

施工前

「母が育てているバラや草花を活かして、お庭全体をローズガーデンにできたら」そんなU様の想いを実現するトータルなプランをご提案させて頂きました。設計にあたって第一に気を付けたのは、お母様がお庭を安全に 散策して頂けるよう整備することでした。施工から約1年。移植や地植え化も乗り越えて、無事に新しい空間に根を張り花をつけてくれたバラ達。初夏に映えるローズガーデンの様子をご紹介させて頂きます。

U様邸の門を入ると、右手にお母様のご自宅と、左手にU様のお住まいの2つの建物があり、その間に爽やかな木陰を落とす広々としたテラスが迎えてくれます。紅葉の緑陰が心地よく、時間を忘れてしまうような空間です。室内からの出入りがしやすいようにウッドデッキでステップを設置しました。お母様のお家の掃き出し窓には安全に出入りが可能となるように柔らかい素材でオシャレな手すりも設置いたしました。

テラスの奥へ

施工前

メインのガーデン入口は、施工前にお使いだったアーチをそのまま再設置して利用しました。その下をまっすぐに伸びていく園路がお庭の奥へと誘います。アーチには、お母様が育てていらっしゃったバラ‘アイスバーグ’がからみ、ちょうど見ごろを迎えていました。

東側のお庭

施工前

園路を進んだお庭のつきあたりには、つるバラのための誘引フェンスを設置しました。古いブロック塀を視覚的にカバーすることができ、また日当たりの良い立地を活かしてつるバラを楽しめる場所が増えました。室内からの風景も見違えるように華やかに変わりました。

施工前

主庭は面積が広いのでこれまでお手入れにご苦労をされていた場所でしたが、乱形石の半円テラスと砂利敷き、園路を組み合わせて、広がりと明るさを持たせ、同時に雑草を防ぎ湿気をためにくい清潔な空間設計としました。

西側のお庭

施工前

お母様のお家がある西側のお庭は、床面をシンプルに砂利敷きにして雑草をおさえ、将来、植物を増やす面も残しつつ、まずは歩きやすい園路を整備しました。

立水栓は立ったまま楽に使える高さのガーデンシンクに変えました。また、バラや鉢植えの植物たちが暑い夏も乗り切れるように、潅水装置をお庭の各所に伸ばしています。日々のお水やりのご負担も大きく軽減されました。

ガーデンができてからお母様はもちろんU様ご自身もお庭で過ごすことが増えたそうです。ご用命を頂き、ご家族のステキな計画にまぜて下さり誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します!
(担当:徳田・永瀬)
ローズガーデン設計施工

ローズガーデンづくりのお手伝い
川崎市宮前区 T様

施工前
施工直後

バラとガーデニングがお好きでプランターの植物ひとつひとつにも愛着をかけていらっしゃるT様。ご自身でお庭づくりを楽しんでこられましたが、これからどのようにお庭づくりを進めていったら良いか、一度プロのアドバイスを聞いてみたいとの思いが強くなっていらっしゃったそうです。日ごろお庭と向き合われている中で出てきた疑問と、これからのお庭づくりについてトータルにご相談頂きました。

アーチの効果

「バラも大きくなってきて、何かトレリスのようなものが有ると良いのかしら?」等とのお悩みやご希望を総合して最終的に東側の一角にアーチをご提案させて頂きました。この場所にはたくさんのメリットがあります。まず、毎日ご利用になるリビングと玄関アプローチの両方から一番に目にとまる場所ですので、1つのバラのアーチを2つの風景に効果的に活かすことができます。また、リビングから眺めた際にはアーチが外からの視線をやわらかくさえぎり、お庭に安心感をもたらしてくれます。さらに、アーチと反対側の一角に植わっているムクゲの木と左右対称を成し、リビングからの風景を重厚でバランスよく見せてくれます。何より、バラが伸び伸びと広がることができ、咲き誇る姿はみごとです。

芝生の管理をしやすく

お庭の芝生は、レンガで縁取りをすることで、より手入れの行き届いたきちんとした印象にすることができます。花壇にも芝生が入り込みにくくなり、どちらのお手入れもしやすくなるメリットがあります。

バラのお手入れ

植え込み前のバラ

バラの苗は、植える場所を決めかねていらっしゃるとのことでしたので、ひとつひとつ拝見しバラの性質とお庭全体の構成を考えて、植える場所も改めてご提案させて頂き、移植も行いリニューしました。これから株が大きく充実し、より華やかな姿を見せてくれると思います。

施工から3ヶ月がたち、バラの季節をむかえたT様のお庭は、植物たちがより生き生きと成長していました。足元の宿根草も花盛りで、お客様が配置されたガーデン雑貨やバードバスと共に、素敵な風景を見せてくれています。素敵なローズガーデンづくりをお手伝いさせて頂き、ありがとうございました!
(担当:徳田、永瀬)

ローズガーデン設計施工

季節のバラのお手入れと、
ローズガーデンプラン 
横浜市青葉区 M様

はじめまして。M様邸 ローズガーデンのリニューを担当いたしました、徳田です。

バラがお好きで10年来いつくしまれたお庭はローズの香りにつつまれた夢のような空間です。

ガーデナー(青木)とバラの健康状態についてお話しされるクライアント様。

ただ、バラの成長にあわせ、支えが必要となった場所に必要なだけアーチを設置されたため、バラの時期を過ぎると、アーチが建ち並ぶような風景となってしまうところがお悩みの種でした。

「ローズガーデンを目指してきて、絶対バラ畑にはすまい!と頑張ってきたけれど、結果、畑になってしまった!!」と明るく爽やかに笑われるM様。ご主人様と並べられた、踏み石の使い勝手も気になっていらっしゃるご様子でした。

ローズガーデンプラン

施工前

そこで、土留めが必要な部分には、シッカリとステップを設け、お家からのアプローチを堅固なレンガでつなぎました。

施工前

アーチとステップもリサイクルし、フォーカルポイント、リーディング、回遊を組み入れてデザインをし直しました。既存のバラは、アーチに絡める方向を変えるなどの工夫をすることで、可能な限り移動せず、現状の位置を維持できるようにも心がけました。

施工前
施工後

全体にまんべんなく配され愛情いっぱい元気に育っていたバラ達ですが、今ガーデンというレイアウトの中で、さらに活き活きとその能力と魅力を発揮してゆくための新たな準備が整いました。

今後、徐々に他の植物達もこのガーデンに集ってきて、先住のバラ達と一緒にみごとな姿をみせてくれると思います。そしてM様 の温かい笑顔にふさわしいステキなガーデンに育っていってくれると思っています。

この度は長年の想いに溢れるローズガーデンのリニューに携わらせて頂き本当にありがとうございました。(担当:徳田)

当社でご提案できること

3つのサービスをご用意しています。

ローズメンテナンス

バラとガーデンのお手入れをお手伝い!

バラの生育サイクルに合わせたお手入れをご提案します。冬の剪定、つるバラの誘引はもちろん、年間を通して、バラを健康に育てるお手伝いを致します。

料金

  • 1日×1名
    料金:32,000円(税別)

※上記料金にゴミ処分代、肥料、土等の資材代は含まれません。
※高さ1m以上の脚立を使用する剪定作業は、ご依頼頂けません。

ローズガーデン設計&施工

お庭をローズガーデンにリフォームしたい!

バラをもっと楽しめるお庭にしたい!集めた植物達も活かして、ローズガーデンを作りたい!そんなご要望にお応えいたします。グリーンケアでは、ガーデン設計とメンテナンスの両方を承っていますので、お庭を造られた後もご安心頂けると思います。まずはお気軽にご相談下さい。

どうしたらいいかわからない。
うちでは、どんなふうにできる?
、、、と思われましたら、まずは、
お気軽にお見積りをご依頼下さい。

ご相談は無料です

お客様の暮らしに寄り添う空間のご提案 植物とすごすお庭作り7つのポイント 無料相談会