ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
横浜・川崎・東京の お庭づくりはグリーンケアへ * ガーデンデザイン、外構エクステリア、お庭のお手入れまで、トータルに承ります!
ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
ご相談は無料です ご相談フォーム

雑草対策
 失敗しがちなポイントと
6つの対策

土のままのお庭は、すぐに雑草が生えてきてお手入れが本当に大変です。お庭づくりやリフォームの際には、雑草の生えにくい敷材を上手に取り入れて、管理しやすいデザインにすることが大切です。雑草のお手入れに煩わされない、素敵なお庭づくりのポイントをご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

  • お庭が土のまま。雑草がどんどん生えてくる。
  • お手入れが簡単で、素敵なお庭にリフォームしたい!

失敗しがちな雑草対策

雑草対策にはいろいろな方法がありますが、選択を間違えると 「すぐ雑草が生えてきた」 「殺風景になってしまって残念」 ということになりかねません。まずは、よく失敗しがちな雑草対策の方法をご紹介いたします。

① 砂利敷き

年月が経ち、間から草が生えてきた砂利敷き
砂利敷きは、雑草対策として多く使われますが、使い方を誤ると、逆にお手入れが大変になってしまいます。例えば、ただ砂利を敷いただけではすぐに間から草が生えてきてしまいます。細かい落ち葉が多いところで使うと、掃除が大変になります。木の根本に使うと熱で樹木が痛みます。

② 全面コンクリート

 
コンクリートは殺風景にならないように注意
雑草に悩む方なら、「いっそお庭が全部コンクリートだったら楽なのに!」と一度は考えるのではないでしょうか? でも、実際にやってみると「殺風景になってしまった」 と後悔することも。広い面積で使うと、夏場は熱を持って、お家全体が熱くなってしまいます。

③ ウッドチップ

 
ウッドチップは手軽ですがトラブルの元にも。
砂利と同様、手軽な方法に見えますがすぐに雑草が生えてしまいます。落ち葉のお掃除は砂利以上に面倒です。また、木質を好む虫が越冬のために集まりやすいため、植物の調子が悪くなるなど、トラブルの元にもなります。

④ 塩

塩をまくだけの方法なので簡単かもしれませんが、塩は雑草以外にも様々な植物にとって有害です。雨などで近隣のお庭に流れてトラブルになるかもしれません。塩分が建物の基礎や、地中の配管を痛める危険もあります。

⑤ 熱湯

雑草に熱湯をかけて枯らす方法ですが、雑草を枯らすためには熱いお湯をたっぷりかける必要があり、大変な作業です。植わっている植物自体も痛む可能性があります。さらに、しばらくするとまた新たに雑草が生えてしまうので、ほとんど効果が得られません。

雑草対策の施工事例をもっと見る
雑草対策の施工事例をもっと見る

雑草対策のポイント

ではどうしたら、後悔しない雑草対策ができるでしょうか?雑草に悩まない、素敵なお庭を作るために知っておきたいポイントをご紹介します。

ポイント① 耐久性の高い素材を選ぶ

 
敷石は基礎がコンクリートなので、雑草対策効果は抜群
耐久性の低い素材は、目先は安く仕上がっても、長い目で見ると、掃除手間や交換手間などがかさみ「割が合わなかった」となりかねません。将来を考え、耐久性の高い素材を選ぶこともご検討下さい。

ポイント② 組み合わせ

 
ピンコロの園路と芝生のコーディネート
お庭全面を1つの素材で舗装すると、単調になりがちです。雑草対策以外にも、「植物を植える花壇を残したい」 「リビング前にテラスがあると便利」 といったご希望はありませんか? そういったご希望にあわせて、複数の素材を組み合わせるのもおすすめです。

ポイント③ どう使うか?

 
テーブルを置ける広々とした乱形石のテラス
ただ漠然と敷石を敷くのではなく、「ここはテーブルを置きたいから凸凹の少ない素材で」「ここは子供が遊べるように、柔らかい人工芝にしておきたい」 といったように、将来のお使い道を考えてそれに適した素材を選びましょう。

ポイント④ 排水性

 
広い面積を舗装する場合は、排水先を検討
最近は、今までなかったような豪雨が降ることもあります。そういう事態も想定した排水性確保は重要です。舗装をすると、雨水が地面にしみ込みにくくなるため、雨水があふれたり、たまったりしないように勾配をつけ、排水路を設けるなどの工夫が必要です。特に、広い面積の舗装時には重要なポイントです。

ポイント⑤ 掃除のしやすさ

 
スッキリきれいに保ちやすい敷石のテラス
実は、砂利敷は落ち葉のお掃除が大変。植物の近くには掃き掃除のしやすい敷石がおすすめです。また、タイルは水洗いで比較的汚れが落としやすい素材ですので、いつもきれいに保っておきたい場所におすすめです。

ポイント⑥ 費用

 
タイルテラス、レンガの園路、砂利の組み合わせ
耐久性の高い素材ほど工事費用は高めですが、一度しっかりと施工すれば雑草が生えてくる心配はありません。また、目につかない場所は砂利敷きにして予算を節約するなど、組み合わせ次第で、ご予算に応じたプランニングをして下さい。
雑草対策の施工事例をもっと見る
雑草対策の施工事例をもっと見る

雑草対策の素材 特長と注意点

様々な素材があり、ご用途やご予算にあわせて、組み合わせることが可能です。費用は現況や商品の種類によっても大きく 異なりますので、目安としてご案内しております。素材の比較検討のご参考になさってください。

 

素材① タイル

色やサイズ、質感の違うタイルを組み合わせて
すっきりとシンプルなデザイン

水はけが良く、すっきりした仕上がりが魅力

様々な色や質感の商品があり、お好みで選ぶことができます。また高さを出してタイルデッキにすることも可能です。

注意点

明るい色のタイルは、反射光がまぶしく感じることもありますので、お色選びの際には一考しておくことがおすすめです。また、水を吸い込まないので、広い面積に敷設する際は、雨水を逃がす設計が欠かせません。

> 詳しくはこちら

 

素材② レンガ

焼き色にあたたかみのあるレンガ
様々な敷き方ができるレンガ

自然な色のニュアンスや、経年変化の表情が魅力

お庭づくりの素材として人気のレンガ。透水性のあるインターロッキングという敷き方をすると、雨水をある程度透過させることができるため、お庭の植物ともなじみやすい素材です。

注意点

経年変化により日焼けや土汚れで色調が変わってきますが、そういった経年変化もレンガの魅力でもあります。水分を吸収し苔が生えることがあるので、 いつも湿った場所には不向きです。

> 詳しくはこちら

 

素材③ インターロッキングブロック

焼き色にあたたかみのあるレンガ
あたたかみのあるベージュ色のテラス

レンガよりも費用をおさえられる

一見、レンガのような風合いですが、実は、コンクリート製の敷材です。様々な色やサイズの商品からお好みのものを選ぶことができます。

注意点

レンガと同様、経年変化により日焼けや土汚れで色調が変わってきます。側面はコンクリートなので、花壇などを積み上げたい時は、使えません。レンガなどを組み合わせて使用します。

> 詳しくはこちら

 

素材④ 自然石の敷石

サークルストーン、乱形石、レンガの組み合わせ
ひとつひとつ色合いが異なる石畳

独特の風合いが魅力

国内はもちろん世界中から輸入されており、色や風合いも様々です。例えば「ヨーロッパの石畳風にしたい」など、憧れのイメージを実現してくれるかもしれません。

注意点

自然の素材なので、ひとつひとつ色合いが異なり、模様や筋目なども様々です。その素材の違いが自然石の魅力でもあります。

> 詳しくはこちら

 

素材⑤ 人工芝

足ざわりがやわらかくお子様の遊び場にもおすすめ。
青々とした風景がいつでも楽しめる。

お手入れ不要で緑が楽しめる

最近の人工芝は風合いがよく再現されており、雑草対策の素材としても多く施工させて頂いております。

注意点

きれいで長持ちする仕上がりのためには、砕石などで下地をしっかり平らに整えてから人工芝を敷設します。

> 詳しくはこちら

 

素材⑥ 芝生・グラウンドカバー

手間はかかりますが魅力あふれる芝生。
園路やレンガで縁取りを施してお手入れをしやすく。

憧れのグリーンカーペット

雑草が生えてくる土面を隠すように芝生や植物を植えることで、雑草の量を減らすことができます。植物は、タマリュウやクリーピングタイムなど、常緑で手のかからない宿根草を選ぶのもポイントです。

注意点

植物ですのである程度のお手入れは必要です。芝生を定期的に刈り込んだり、隙間から生えてくる雑草を取り除く必要もあります。

> 詳しくはこちら

 

素材⑦ 化粧砂利

お庭の雰囲気やお好みに合わせて色を選べます。
主役のテラスや園路の周囲を明るい色の化粧砂利に。

たくさんの色から選べる

化粧砂利にはたくさんの種類があり、ベージュ、ブラウン、ピンクなど様々な色があります。敷石や建物の色などとトータルにコーディネートすれば、お庭を雰囲気良くまとめることができます。

注意点

雑草を完全に防ぐことはできませんが、しっかりと敷きこめば、雑草が生えにくくなり、お手入れを軽減することができます。

 

素材⑧ 白砂利

シンプルな白い砂利で雑草対策

予算をおさえる

砂利の中でも、最も費用が安いのが白砂利です。特に、お家の裏の通路の雑草対策など、目につかないところでよくつかわれる素材です。明るい色なので、薄暗い場所でもすっきりと清潔感のある雰囲気になります。

●注意点

化粧砂利と同様、雑草を完全に防ぐことはできませんが、しっかりと敷きこめば、雑草が生えにくくなり、お手入れを軽減することができます。

雑草対策の施工事例をもっと見る
雑草対策の施工事例をもっと見る

雑草対策 お庭のリフォーム事例

施工例① 雑草対策をしてお庭を使いやすく

施工前

ご要望

お家を新築したばかりで、お庭は土のままの状態。早くも雑草が生え始めていました。お客様からは「お手入れがしやすく使いやすいお庭にしたい」とのご要望を頂きました。

プランのポイント

インターロッキングブロックのテラスとウッドデッキでお庭全体の雑草対策になっています。「お部屋からサッと外にでてお洗濯物を干したい」というお客様のご要望も叶えるデザインとなっています。

施工後のお手入れ

施工後は、お庭の中で雑草が生えるのはリビング正面の花壇の中となりました。 砂利の隙間などからたまに芽を出してしまう雑草を取る必要もありますが、 お手入れのご負担は、格段に楽になりました。(横浜市 M様のお庭)

使用素材

 

施工例② 手に負えない芝生を、天然石の敷石テラスにリフォーム

施工前

ご要望

芝生のお庭を綺麗に保つには、年に数回の芝刈りの他、こまめな雑草取りが欠かせません。そんなお手入れを負担に感じていらっしゃったN様から、雑草対策のリフォームをご依頼頂きました。

プランのポイント

一番のポイントは、お庭全体をしっかりと雑草対策ができるテラスにリフォームしたことです。加えて、サークルストーンや乱形石など、表情のある自然石を組み合わせることで、メリハリのあるお庭の風景ができあがりました。

施工後のお手入れ

雑草取りが必要な場所は、生垣の足元だけになりお手入れは格段に楽になりました。見るたびに芝刈りや雑草取りの心配をしていたお庭が、いつもスッキリと整い、ほっとできる場所に変わりました。(横浜市緑区 N様のお庭)

使用素材

 

施工例③ 雑草の生える更地状態のお庭を、リフォーム

施工前

ご要望

ご自宅を新築されたS様。お庭は更地状態で、あちこち雑草が生え始めていました。「子供達の遊び場所としてお庭を活用したい!」「ガーデニングも楽しみたい!」とのご要望をお持ちでした。

プランのポイント

花壇の広さと位置については、よくご相談しながらプランをさせて頂きました。お手入れに無理がない広さの花壇にするのはもちろん、リビングなどからいつも見える位置を選びましたので、お手入れは最小限なのに、お花や緑を最大限楽しむことができます。

施工後のお手入れ

雑草取りが必要なのは、2か所の花壇のみです。インターロッキングブロックのテラスと人工芝でお庭をほとんどをカバーしました。物置の下などの細部も丁寧に砂利を敷き込みましたので、お手入れは本当に簡単になりました。(東京都三鷹市 S様のお庭)

使用素材

 

施工例④ ウッドデッキと敷石のお庭

施工前

ご要望

雑草のお手入れが簡単で、お子様がのびのびと遊べるようなお庭をご希望でした。

プランのポイント

雑草取りの手間をなくすため、ウッドデッキとインターロッキングのテラスを組み合わせてお庭の隅々まで雑草対策を行ったプランをご提案いたしました。花壇もお手入れに無理のない大きさをご相談しました。

施工後のお手入れ

花壇にたまに顔を出す雑草をとる程度のお手入れで管理が可能です。お手入れが簡単ですので、安心して寛げるお庭になりました。(世田谷区 K様のお庭)

使用素材

 

施工例⑤ 芝生を半分にして、デッキやテラスで使いやすく

施工前

ご要望

「子供のプール遊びやバーベキューができるスペースをつくりたい」というご要望を頂き、広い芝生のお庭の半分をリフォームするご要望を頂きました。

プランのポイント

ご提案したのは、タイルデッキとウッドデッキ、それぞれの素材のメリットを生かしたプランです。ウッドデッキは、建物への通気が比較的とりやすい構造です。タイルテラスは水はけが良いのでプールやバーベキューの後のお掃除がしやすく衛生的です。

施工後のお手入れ

お庭の半分をタイルデッキとウッドデッキにリフォームしましたので、今まで大変だった芝刈りや雑草取りの手間も半分になりました。デッキやテラスのある、家族で楽しめるお庭になりました。(横浜市緑区 I様のお庭)

使用素材

 

施工例⑥ 雑草取りの心配は不要。人工芝とウッドデッキのお庭

施工前

ご要望

お庭全体が更地の状態で、このままですと雑草だらけになってしまいます。雑草の心配が不要で、3人の小さなお子様たちが遊べるお庭にしたい とのご要望を頂きました。

プランのポイント

お子様の遊び場におすすめの人工芝をメインに、リビングから出入りができるウッドデッキも合わせてご提案致しました。周囲は砂利を敷き込んで 隅々まで雑草対策を施しました。

施工後のお手入れ

必要なお手入れといえば、お庭の一角に設けた花壇に目配りをするくらいです。砂利の隙間からたまに雑草が覗く事もありますが、早めに取り去ればお手入れはほとんど不要です。(東京都町田市 O様のお庭)

使用素材

 

雑草対策のまとめ

「雑草って、こんなにすぐに大きくなってしまうものなんですね!」 初めてお庭を持たれた方からしばしばお聞きする言葉です。暑い季節は、雑草取りは本当に重労働です。でも、お庭のデザインを少し工夫することで、使いやすく素敵なお庭にリフォームすることができます。雑草を防ぐだけでなく、素敵なお庭づくりをぜひご一緒に考えていけたらと思います。

どの素材がいいかわからない。
うちでは、どんなふうにできる?
、、、と思われましたら、まずは、
お気軽にお見積りをご依頼下さい。

雑草対策の施工事例をもっと見る
雑草対策の施工事例をもっと見る

ご相談は無料です

お客様の暮らしに寄り添う空間のご提案 無料相談会